Dish antenna icon

ダウンリンク

ダウンリンク用機材

衛星回線のユーザは、テレビ局ばかりではありません。例えば企業のイベントにおいて、複数の会場を映像で結ぶ事例も多数あります。㈱ワードでは送信サービスに限らず、衛星受信のサービスも提供しています。

遠隔プレゼンテーション

近年、日本各地で行われるコンファレンスや学会の場で、海外発のプレゼンテーションを中継し、会場でスクリーンに投影して生でご覧になることが増えてきました。 多忙のあまり来日できないVIPも、中継での参加がOKという条件であれば講演者として招へいでき、イベントが盛り上がります。または、海外の医師による手術のデモンストレーションを、学会の場でリアルタイムに共有し、最新時術を取り入れることもできます。
このような場合、映像は現場からイベント会場への一方向の通信だとしても、イベント参加者からの質疑応答に対応しようとすると、双方向の音声回線が必要になります。㈱ワードは、これら、遠隔プレゼンテーションに必要なすべてのノウハウを提供できます。

インターネット環境が整いつつある現在、インターネット利用のテレビ会議システムでも同様の仕組みを実現することはできますが、例えば、視聴する会場がホテルの宴会場など、映像をプロジェクタで拡大して大きなスクリーンを利用するような場合、衛星を利用した放送品質の映像がもたらす空気感、臨場感には遠く及びません。品質の悪い映像では、かえってプレゼンターのメッセージが、説得力を損なうおそれさえあります。

イベント事例:世界同時発表を可能に

欧州の有名ファッション・ブランドが本国で主催したショーに合わせて、渋谷のクラブでも同時にイベントが開催されました。欧州のメイン会場での担当役員によるプレゼンテーション、最新のファッション・ショーの風景などが、3D映像として東京まで衛星で伝送されました。このイベントでは、会場でのアンテナの仮設、映像信号受信から3Dプロジェクタへの映像音声の引渡しまでを、すべて弊社が提供しました。

素材の受信、収録

海外から多地点、または単一地点に伝送される映像を受信し、弊社地球局で収録したのち記録メディアとしてお届けするサービスも提供しています。

「緊急性はあるが、即時でなくても良い…」といった場面における映像伝送には、近年インターネット(FTP)が多用されています。しかし、多地点に向けての同時配信、即時性、映像品質においては、まだまだ衛星の使用に多くのメリットがあります。

㈱ワードは、このような映像ソースの伝送の際、国内での受信、収録だけでなく、とくに海外の発信側のコーディネーションから伝送経路の構築まで、すべての手配に手腕を発揮します。お気軽にご相談ください。

© 2013 Ward Inc.